感謝な超失敗・その3


プレイバック。
 搭乗口を間違えたことを感謝して、
 確認不足だったことを悔い改めて、
 810mを超ダッシュ!ダッシュ!
 走っても走っても、長く続く道に諦めそうになりましたが、
 「必ず間に合います」、
 「彼(神様)に信頼する者は、
 失望させられることがない」を告白。それでも足に限界を覚えたとき。すると?
 (続)
 
 鹿児島 izumi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です